浦安サンクリニックTOP > 診療科案内 > 形成外科 > トレチノイン
美容皮膚科

トレチノイン

「塗り薬」の美容方法、トレチノイン

トレチノインは多くの美肌効果があり、毛穴治療・にきび治療・にきび跡治療・しみ治療・しわ治療に大変有効です。

トレチノイン治療について

トレチノインの効用

1. ピーリング作用

古い角質を積極的に剥がします

2. 肌の再生促進

表皮の細胞分裂を促進させ、肌のターンオーバーを促がします

3. 皮脂分泌の抑制

皮脂腺の働きを抑え、にきび肌・オイリー肌を改善

4. コラーゲン・ヒアルロン酸の増殖

しみ・小じわの改善を導き、お肌のハリが生まれます

治療メニュー

毛穴治療

塗り薬(トレチノイン)を1日1回ないし、2回皮膚に塗布することで角質を表面から少しずつ剥くことで、皮膚面が滑らかになり毛穴が目立たなくなります。(自宅でできるピーリングのようなものです)
また、トレチノインは毛穴につまった角質(角栓)を除去することで毛穴の黒ずみを改善してくれます。効果を得るまでは、通常1~2ヶ月を要します。治療中のみ若干の赤みを皮膚面に生じますが、化粧で隠せることがほとんどです。

にきび治療

にきびは、毛穴が角栓(アカ)でつまり、皮脂が毛穴からスムーズに排出されなくなって皮内にたまり、そこへ皮膚表面に常在する菌が入って炎症をおこすことで生じます。
トレチノインは皮膚表面の角質を薄く剥くことで、毛穴のつまりの原因である角栓を除去し脂の皮膚面からの排出を促がします。(角栓融解作用)
また、皮脂の分泌自体もトレチノインは抑える作用があり、角栓除去と皮脂分泌抑制(抗脂腺作用)のダブルの作用でニキビを改善します。角質を除去することにより、入浴時にアカこすりで皮膚面をこすった時のような剥け方が見られ、皮膚面に赤みを生じることがありますが、ほとんどの場合化粧で隠すことが可能です。
現在では、存在するニキビ治療の塗り薬としては最高の薬です。

にきび跡の
凹凸治療

トレチノインを1日1回ないし、2回皮膚に塗布することで角質を表面からミクロン単位で少しずつ薄く剥くことで、皮膚面が滑らかになって行きます。(自宅でできるピーリングのようなものとイメージしてください)
肌のツヤとハリが増し、女性の場合明らかに化粧の乗りが良くなります。
効果を得るまでは、1~2ヶ月を要します。治療中のみ若干の赤みを生じますが、化粧で隠せることがほとんどです。

しみ治療

皮膚表面の角質を薄く剥くことで表皮細胞が持つメラニン色素を皮膚の外に排出・除去する方法です。
レーザーでは十分な効果が得られないようなしみにも効くことが多く、様々な幅広いタイプのしみの色を薄くすることが可能です。(レーザーよりも守備範囲の広い治療法ととらえてください。)但し、レーザーと違い色が薄くなるまで2週間~2ヶ月ほどの時間を要します。
皮膚の表面に薄い赤みがさすことがありますが、通常お化粧でカバーして赤みを隠すことが可能です。赤みや色の抜け具合など皮膚の反応を見ながら治療を進めますので初回2週目、それ以後1~2ヶ月に1回の再診が必要となります。

乳頭・乳輪
黒ずみ除去

顔のしみ抜きに用いられるトレチノインとハイドロキノンは、乳頭・乳輪のしみ抜きにも使用することが可能です。
色の元のメラニンをトレチノインで外に出しつつ、新たに作られるのをハイドロキノンで抑えるので、原理的には顔のシミを薄くするのと同じです。但し、皮膚の厚さが顔と乳頭・乳輪では異なるため、トレチノインの濃度の濃いものを使用することが多いです。

 

料金のご案内

トレチノイン ¥6,800

※形成外科手術は木曜日のみの完全予約制となっております。お電話にてお気軽にご相談ください。

形成外科」のページへ

形成外科・美容皮膚科の診療メニュー

よくあるご質問

 


大きな地図で見る
千葉県浦安市北栄1-16-17 原勝ビル4階
>>当クリニックまでの道順はこちら
ページの先頭へ戻る