浦安サンクリニックTOP > 診療科案内 > 皮膚科 > ウィルス性のイボ・水イボ
皮膚科

ウィルス性のイボ・水イボ

他人に伝染したり、転移して増えてしまうものもあります

魚の目・タコと紛らわしいものに『イボ』があります。体のどこにでもできますが、特に足の裏や手のひら・指にできると硬くなって、あたかも魚の目・タコに見えます。皮膚に圧迫が加わらないところ(たとえば、土踏まず)に生じた魚の目・タコのような病変なら、イボである可能性が高いです。
種類によってはウィルス性のものもあり、放置しても治らず、色んなところに伝染・転移してしまい、気付いたら体中いたるところにできてしまったなんてこともあります。治療は、昔から液体窒素療法やヨクイニン(ハトムギエキス)内服療法が行われています。
水イボは正式には伝染性軟属腫と言われる病気のことで、伝染性の強いウィルスです。主に1~6歳くらいの子供がかかる特有の病気です。お風呂やプールでも人に感染する恐れがあるので、子供がもし水いぼにかかったら、プールなどは見学をするようにしましょう。
『とびひ』とならんで幼稚園や保育園では嫌がられる病気の1つですが、成長に伴い自然治癒が
期待できます。

ウィルス性イボの症状

盛り上がって表面がカリフラワーのようにデコボコしたゴツゴツとしてイボです。赤茶から黒の小さな点々が見えることもあります。一旦できると、どんどん大きくなったり他部に移り易く、特に爪付近のウィルス性のイボは治療が遅れると治療後も爪の変形が残ることがあり早期治療が重要となります。「尋常性疣贅」とも呼ばれ、ヒトパピローマウィルスの感染が原因です。

水イボの症状

大きいものでは中央がくぼんだ,光沢のある皮膚色から淡い赤色の小さなブツブツです。押しつぶすとチーズ様の白いかたまりが出てきて、この中にウイルスが含まれています。かゆみが強いため引っ掻くことにより体のあちこちにウィルスが付着して疾患部位が拡がります。自然治癒では半年ほどで消退することがほとんどです。

 

お知らせ
  • ご来院時には、必ず保険証をお持ち下さい。
  • 当クリニックでは、お客様からお預かりした個人情報を、お客様の同意なしに第三者に売却・貸与する事は一切ございません。また、お客様からお預かりした個人情報が第三者に流出する事のないよう最大限の予防策を取り、厳重保持に努めております。


診療申込書ダウンロード
初診の方、または3年以上ご来院のない患者様へ

こちらの診療申込書をダウンロード後に印刷・ご記入のうえ、ご来院時にご持参くださいますと、受付時間が短縮されスムーズにご案内ができます。どうぞご利用くださいませ。

皮膚科診療申込書 ダウンロードはこちら

皮膚科のご案内」のページへ 魚の目・タコ」のページへ
健康保険組合(各種健診・人間ドック)、浦安市 市川市の健診 インターネット予約はこちら
日帰り人間ドック インターネットお申し込み
各種健康診断 人間ドック
予防接種
よくあるご質問

大きな地図で見る
千葉県浦安市北栄1-16-17 原勝ビル4階
>>当クリニックまでの道順はこちら

Doctor's Fileに当院のドクターが紹介されました

「頼れるドクター 墨田・江東・江戸川・市川・浦安 2016-2017版」にて当院院長が紹介されました。

ページの先頭へ戻る