浦安サンクリニックTOP > 診療科案内 > 内科のご案内 > 頭痛
内科

頭痛

頭痛は、診察のみで原因を特定することが難しいとされており、当クリニックでは、血液検査や画像検査等を取り入れながら、正確な診断を行っております。

当クリニックの頭痛外来では、お薬(現代薬・漢方薬)による治療のみならず、頭痛の原因が
肩こりなどの筋緊張からくるものについては、
物理療法等にて、「頭痛の原因を取り除く」ことを重点的に取り組んでおります。

頭痛の診断手順

頭痛の原因特定のための検査 ※1

患者様の状態に応じて、以下の必要な検査を行ないます。

CT検査※ 主として、脳出血・くも膜下出血などの疑いがある患者様に実施いたします。
MRI検査※ 主として、頭痛・めまいなどの症状を伴う患者様の中で、脳梗塞・脳腫瘍・脳動脈瘤などの疑いがある患者様に実施いたします。
X線レントゲン検査 主として、頚椎(首)に異常があるかどうかを調べます。
頭痛・肩こり・頸部筋肉痛・手のしびれなどの症状、外傷(ケガ)などの疑いがある患者様に実施いたします。
血液検査及び尿検査 主として、明確な疾患に伴う頭痛であることを除外するために実施いたします。
貧血・肝臓・腎臓・膵臓・コレストロール・中性脂肪等の値を調べます。

※ 提携先 画像検査と専門外来による高度検査機関 ADIC八重洲クリニック(Advanced Imaging Center Yaesu Clinic)が担当します

慢性頭痛の治療 ※2

患者様の症状やライフスタイルに合わせて、適切な治療法をご提案いたします。

慢性頭痛に多く見られる症状

頭痛全体の3/4は、慢性頭痛(一次性頭痛)に該当するといわれています。症状は突然引き起こされるが、これまでの人生の中で同じような症状を繰返し経験している場合やMRIやCTなどの画像診断を行っても異常が見つからない場合のものをいいます。

■片頭痛

  • 頭の片側のこめかみから目にかけてズキンズキンと脈打つような痛み
  • 普段は気にしないような音や光に対し過敏になる
  • 頭痛時に吐き気や嘔吐を伴う
疑わしい病気
片頭痛
【症状が似た病気】 ・ 脳腫瘍 ・ 髄膜炎 ・ 副鼻腔炎
他の病気との見分け方 形容 ズキンズキン・グワーングワーン
頻度 月に1回~4回
持続時間 4時間~3日間
周期性 有り
週の関係 週末に起こりがち
時間帯 早朝に多い
発症 比較的急に
部位 片側(60%)、片方のこめかみ・目の奥
強さ 中等~高度
動くと 痛みが増す
前兆 星が瞬くような光が視野の一部に見える
随伴症状 吐き気・嘔吐・光や音に過敏
性状 拍動性
マッサージ つらい
処置または治療 片頭痛の治療についてはこちら

■緊張型頭痛

  • 頭を締め付けられるような(きつい帽子をかぶっているような)頭痛が毎日起こる
  • 肩や首筋が凝る
  • 午後になって疲れが出てくる、痛みが強くなる
疑わしい病気
緊張型頭痛
【症状が似た病気】 脳腫瘍、うつ病、副鼻腔炎
他の病気との見分け方 形容 ギュー・ジワーン
頻度 月に1回から30回
持続時間 数時間~数日(さまざま)
周期性 無し
週の関係 休みの日には楽になる
時間帯 午後
発症 いつとは知れず
部位 両方、後頭部・はちまき状
強さ 軽度~中等度
動くと 変わらない、もしくは楽になる
前兆 無し
随伴症状 肩こりやめまい
性状 重圧感・圧迫感・緊縛感・被帽感
マッサージ 楽になる
温めると 良くなる
処置または治療 緊張型頭痛の治療についてはこちら

 

慢性頭痛で専門治療を要する症状についてはこちら
突然の頭痛・緊急を要する症状についてはこちら

 

お知らせ
  • ご来院時には、必ず保険証をお持ち下さい。
  • 当クリニックでは、お客様からお預かりした個人情報を、お客様の同意なしに第三者に売却・貸与する事は一切ございません。また、お客様からお預かりした個人情報が第三者に流出する事のないよう最大限の予防策を取り、厳重保持に努めております。


初診の方、または3年以上ご来院のない患者様へ

こちらの診療申込書をダウンロード後に印刷・ご記入のうえ、ご来院時にご持参くださいますと、受付時間が短縮されスムーズにご案内ができます。どうぞご利用くださいませ。

頭痛外来診療申込書 ダウンロードはこちら

診断メニュー」のページへ
健康保険組合(各種健診・人間ドック)、浦安市 市川市の健診 インターネット予約はこちら
日帰り人間ドック インターネットお申し込み
各種健康診断 人間ドック
予防接種
よくあるご質問

大きな地図で見る
千葉県浦安市北栄1-16-17 原勝ビル4階
>>当クリニックまでの道順はこちら

Doctor's Fileに当院のドクターが紹介されました

「頼れるドクター 墨田・江東・江戸川・市川・浦安 2016-2017版」にて当院院長が紹介されました。

ページの先頭へ戻る