浦安サンクリニックTOP > 診療科案内 > 健康診断 > 健康診断結果
健康診断

健康診断結果

健康診断結果が届いて、総合判定だけを確認して安心している方。もう少し掘り下げて結果を見てみると、自分の適正値を知るきっかけにもなりますし、未来を予想することもできます。
健診後のフォローが何より重要ですので、少しでも気になることがあればお気軽にご相談ください。

健康診断結果

標準体重(Kg) 身長(m)×身長(m)×22
BMI 体重(Kg)÷{身長(m)×身長(m)}BMI=22として標準体重を算出しています。
血圧 血圧は血流の流れにより、血管にかかる圧力を示します。運動や精神的緊張、過労、睡眠不足などで変動しやすいものですので、自分の普段の血圧を知っておきましょう。
検尿 尿蛋白、尿潜血 腎臓や尿管、膀胱などの病気で陽性になりますが、激しい運動や高熱などで一時的に陽性になることもあります。女性の場合は生理中・その前後でも陽性になることがあります。
尿糖 糖尿病等の場合、陽性になる事があります。
ウロビリノーゲン 健康な方でもわずかに陽性にでます。肝障害や胆道の閉塞の場合、異常が出ます。
胸部X線 肺結核の有無・気管支拡張症・胸膜炎・肺がんなどの肺の病気や心臓の大きさ、大動脈の硬化の具合などを診断します。
胃部X線 胃潰瘍、ポリープ、胃がん、十二指腸潰瘍などの発見に役立ちます。
心電図 心臓は収縮によって弱い電流が発生します。それを記録したものが心電図です。
それにより不整脈、心筋の異常、心臓肥大、冠状動脈の異常の有無がわかります。
眼底 眼球の網膜とその血管などを検査することにより、眼の疾患、高血圧症、動脈硬化症、糖尿病の病状などを判定します。
超音波(腹部) 人の耳に聞こえない周波数の音波を体に発信してその反射波により体の中の状態をしらべるものです。
胆嚢・肝臓・腎臓・脾臓・膵臓などを調べます。
便潜血 消化管からの出血の有無を調べる検査で、一般に大腸がんやポリープ、痔の出血などで陽性になります。陽性の場合、精密検査が必要です。

血液検査結果

貧血 赤血球数 赤血球の数の指標です。少ない時は貧血、多い時は多血症が疑われます。
血色素量 赤血球に含まれる色素で、この色素は体に酸素を運んでいます。少ない時は貧血、多い時は多血症が疑われます。
ヘマトクリット値 血液中に含まれる赤血球の割合です。
尿酸 細胞中のプリン体の代謝産物で、腎臓から排泄されるものです。
血液中に多くなると関節や腎臓に結晶が沈着して、痛風とよばれる病気(痛風発作や腎障害)の原因になります。
白血球数 体内に侵入した細菌などから体を守る細胞で、体内に感染があると増加します。突然多くなった時や少なくなった時は精密検査が必要です。
脂質 LDLコレステロール
(悪玉)
コレステロールは細胞膜等をつくる重要な成分ですが、LDLコレステロールが多すぎると動脈の内壁にしみこんで動脈硬化をすすめます。
HDLコレステロール
(善玉)
末梢の血管に沈着したコレステロールを肝臓に持ちかえる働きをします。少ない時は動脈硬化の原因になります。
中性脂肪 血液中に含まれる脂肪分で動脈硬化に関係があります。
機能 GOT(AST) 心臓・肝臓・骨格筋・腎臓に多く含まれている酵素です。
GPT(ALT) 特に肝臓障害に敏感に反応して増える酵素です。
γ―GTP 肝臓・胆道に障害があると増加します。特にアルコールや薬の影響に関係が深いものです。
ZTT 肝臓障害、慢性感染症、膠質反応の場合に上昇します。
糖代謝 グルコース 体のエネルギー源となっているもので、高値の場合は糖尿病を疑います。
ヘモグロビンA1c 2ヶ月ほど前からの平均的な血糖値を反映します。高い時は糖尿病を疑います。
(但し貧血の方は低くでる場合があります)
腎機能 尿素窒素 腎臓から排泄される老廃物の一種です。腎障害や脱水などで上昇します。
蛋白分析 総蛋白 血清中の蛋白質の分量で体の栄養状態の指標となります。

健康診断」のページへ 無料健康相談」のページへ
健康保険組合(各種健診・人間ドック)、浦安市 市川市の健診 インターネット予約はこちら
健康診断・人間ドック ご予約・お問合せ 日帰り人間ドック インターネットお申し込み
各種健康診断 人間ドック
予防接種
よくあるご質問


大きな地図で見る
千葉県浦安市北栄1-16-17 原勝ビル4階
>>当クリニックまでの道順はこちら

Doctor's Fileに当院のドクターが紹介されました

「頼れるドクター 墨田・江東・江戸川・市川・浦安 2016-2017版」にて当院院長が紹介されました。

ページの先頭へ戻る