浦安サンクリニックTOP > 診療科案内 >> 整形外科 > 骨粗鬆症
整形外科

骨粗鬆症

早めの発見と予防・治療が大事です。
検査は痛みもなく簡単に行えますので、症状にお心当たりのある方は診療を受けてみては
いかがでしょうか。

骨粗鬆症とは

骨量が減少し、骨の微細構造が劣化することにより、骨の強度が低下し、骨折を起こしやすい状態にある全身的疾患です。
この骨折により、日常生活行動の低下や寝たきりに至ることから、定期的に「骨密度」を測定し、予防を行うことが何より重要です。
骨量は20代から30代にかけピークとなり、その後は年齢とともに減少します。女性の場合は特に閉経後に急速に進行します。80代になると若年時代の約40%も骨量が減少し、骨折を起こしやすい状態となっています。
自覚症状として、時に腰痛を生ずることがありますが、ほとんどの場合は無症状で、骨塩量を測定しないとわからないことがほとんどです。
当クリニックでは骨塩定量検査を行っています。痛みもなく簡単に行える検査なので、以下に該当される方はお気軽に御来院ください。

など、お気軽にご相談ください。

骨塩とは

骨はタンパク質とカルシウム、リンなどのミネラルからできており、このミネラルを、骨塩(bone mineral)と呼びます。



診療申込書ダウンロード
初診の方、または3年以上ご来院のない患者様へ

こちらの診療申込書をダウンロード後に印刷・ご記入のうえ、ご来院時にご持参くださいますと、受付時間が短縮されスムーズにご案内ができます。どうぞご利用くださいませ。

整形外科診療申込書 ダウンロードはこちら

整形外科」のページへ スポーツ障害」のページへ
健康保険組合(各種健診・人間ドック)、浦安市 市川市の健診 インターネット予約はこちら
日帰り人間ドック インターネットお申し込み
各種健康診断 人間ドック
予防接種
よくあるご質問

大きな地図で見る
千葉県浦安市北栄1-16-17 原勝ビル4階
>>当クリニックまでの道順はこちら

Doctor's Fileに当院のドクターが紹介されました

「頼れるドクター 墨田・江東・江戸川・市川・浦安 2016-2017版」にて当院院長が紹介されました。

ページの先頭へ戻る