浦安サンクリニックTOP > 診療科案内 >> 整形外科 > スポーツ障害:捻挫、疲労骨折、アキレス腱断裂
整形外科

スポーツ障害

スポーツに起因する障害のことをスポーツ障害といい、スポーツ中のけがをスポーツ外傷といいます。従来は単純に障害箇所の使いすぎを要因とし、スポーツ活動の休止により回復を期待することが多かったですが、障害の受けやすい体質を改善することにより、故障を予防し、故障を残さず継続的に
スポーツ活動を行うことを目的とした治療を目指しています。

足首の捻挫とは(足関節捻挫)

スポーツでおこる最も多い「けが」のひとつで、足首の内側を捻ることが多く、足首の外側の靱帯がいたむことにより、外くるぶしの前や下に痛みがあり、腫れがみられます。また外くるぶしの前や下を押さえると、痛みがあります。
基本的には細胞壊死と腫脹を抑えるために患部を冷却し、内出血や腫脹を防ぐために幹部をテーピング・包帯等により圧迫ぎみに固定をし、腫脹を防ぐことと腫脹の軽減を図るために幹部を心臓より高くあげるようにします。
捻挫を繰り返したり、足首の痛みなどの後遺症を残さないためには、リハビリテーションを十分に行ってスポーツに復帰することが重要です。

疲労骨折とは

骨の同じ部位に繰り返し加わる小さな力によって、骨にひびがはいったり、ひびが進んで完全な骨折に至った状態をいいます。明らかに外傷がなく、慢性的な痛みがある場合は、まずX線レントゲン検査により骨折の有無を確認しますが、わからない場合も多く、MRI検査を実施する場合もあります。多くの場合、局所を安静にすることで完治しますが手術を要することもあります。

アキレス腱断裂

30歳~50歳のスポーツ愛好家に多くみられ、腱の退行性変性(いわゆる老化現象)が基盤にあると考えられています。受傷時には腱が断裂した時の音や、ふくらはぎを棒でたたかれたような感覚を自覚していることがあり、アキレス腱断裂部に皮下のへこみと痛みが見られます。治療は、断裂したアキレス腱を直接縫合する手術治療と、アキレス腱の自然治癒力を利用した装具を用いて腱の修復を目指す保存治療があります。治療開始後4ヶ月程で軽い運動は可能となりますが、全力でのスポーツ活動ができるのには短くても6ヶ月はかかります。

お知らせ
  • ご来院時には、必ず保険証をお持ち下さい。
  • 当クリニックでは、お客様からお預かりした個人情報を、お客様の同意なしに第三者に売却・貸与する事は一切ございません。また、お客様からお預かりした個人情報が第三者に流出する事のないよう最大限の予防策を取り、厳重保持に努めております。


診療申込書ダウンロード
初診の方、または3年以上ご来院のない患者様へ

こちらの診療申込書をダウンロード後に印刷・ご記入のうえ、ご来院時にご持参くださいますと、受付時間が短縮されスムーズにご案内ができます。どうぞご利用くださいませ。

整形外科診療申込書 ダウンロードはこちら

整形外科」のページへ 四十肩・五十肩」のページへ
健康保険組合(各種健診・人間ドック)、浦安市 市川市の健診 インターネット予約はこちら
日帰り人間ドック インターネットお申し込み
各種健康診断 人間ドック
予防接種
よくあるご質問

大きな地図で見る
千葉県浦安市北栄1-16-17 原勝ビル4階
>>当クリニックまでの道順はこちら

Doctor's Fileに当院のドクターが紹介されました

「頼れるドクター 墨田・江東・江戸川・市川・浦安 2016-2017版」にて当院院長が紹介されました。

ページの先頭へ戻る