浦安サンクリニックTOP > 診療科案内 >> 整形外科 > むちうち損傷(外傷性頸部症候群・頚椎捻挫)
整形外科

むちうち損傷(外傷性頸部症候群・頚椎捻挫)

しっかり治して後遺症を残さないようにしましょう

むちうち損傷とは、頸部が衝撃的な揺れ動きにより生じる障害のことです。受傷当初に適切な治療を行わなければ後遺症が残ります。
医師の診察により、以下のような症状に合わせて、対処治療を行うことが重要です。

むちうち損傷の種類

頚椎捻挫型 むちうち損傷の70%を占めるといわれています。
首の捻挫で、頚椎を支えている靭帯や筋肉を損傷している場合。
神経根損傷型 脊髄から出ている神経の根元を損傷している場合
脊髄症状型 頚椎の中を走っている脊髄やそこから伸びている神経が損傷している場合
バレー・リュウ症候群型 交感神経と副交感神経からなる自立神経が損傷している場合
脳脊髄液減少症 脳脊髄液(髄液)がクモ膜下腔から漏れている状態

むちうち損傷(外傷性頸部症候群・頚椎捻挫)の症状

頚椎捻挫型 ● 頭痛
● 首や肩の痛み
● 首の運動制限(前後左右にほとんど動かない)

神経根損傷型 ● 首の痛み
● 肩から腕にかけての痛み
● 知覚障害
● しびれ
● 脱力(体に力が入らない)

脊髄損傷型 ● 腕の痛みやしびれ
● 足の痛みやしびれ

バレー・リュウ症候群型 ● 頭痛
● めまい
● 吐き気
● 耳鳴り
● 難聴

脳脊髄液減少症 ● 頭痛
● めまい
● 耳鳴り
● 倦怠感

むちうち損傷(外傷性頸部症候群・頸部捻挫)の診断

診察及びエックス線検査、症状によってCT検査・MRI検査を行ないます。画像診断では、既存の頚椎に変形がないか、今回の外傷により、骨折や周辺軟部組織の損傷がないかを調べます。

むちうち損傷(外傷性頸部症候群・頸部捻挫)の治療

発生直後の急性期には、湿布などの外用薬や消炎鎮痛剤の服用により対症療法を行いながら経過を見ます。
急性期が過ぎ、症状が落ち着いてきたら、症状に合わせて医師が判断し、首の牽引治療・超音波治療(温熱療法)・電気治療を行います。

頚椎カラーが必要な症状 首の痛みで、前後左右にほとんど動かない状態。
受傷後、1週間程度の痛みで使用します。
安静が必要な症状 座ったり、立ったりすることができない。吐き気やめまいが著しく強い場合

 

お知らせ
  • ご来院時には、必ず保険証をお持ち下さい。
  • 当クリニックでは、お客様からお預かりした個人情報を、お客様の同意なしに第三者に売却・貸与する事は一切ございません。また、お客様からお預かりした個人情報が第三者に流出する事のないよう最大限の予防策を取り、厳重保持に努めております。


診療申込書ダウンロード
初診の方、または3年以上ご来院のない患者様へ

こちらの診療申込書をダウンロード後に印刷・ご記入のうえ、ご来院時にご持参くださいますと、受付時間が短縮されスムーズにご案内ができます。どうぞご利用くださいませ。

整形外科診療申込書 ダウンロードはこちら

整形外科」のページへ
健康保険組合(各種健診・人間ドック)、浦安市 市川市の健診 インターネット予約はこちら
日帰り人間ドック インターネットお申し込み
各種健康診断 人間ドック
予防接種
よくあるご質問

大きな地図で見る
千葉県浦安市北栄1-16-17 原勝ビル4階
>>当クリニックまでの道順はこちら

Doctor's Fileに当院のドクターが紹介されました

「頼れるドクター 墨田・江東・江戸川・市川・浦安 2016-2017版」にて当院院長が紹介されました。

ページの先頭へ戻る